”スマートマシン”って、何?



”スマートマシン”

とは

簡単に言うと

人工知能(AI)

ロボット

”融合”

させたもの。


もちろん

自動運転の

自動車も

”スマートマシン”

だ。


工場の

ロボットも

これから

AIが

搭載され

どんどん

”スマートマシン”化

していくだろう。


家庭に

入りつつある

”スマートスピーカー”

”スマートマシン”

だし

掃除機の

”ルンバ”

そう呼んでいいほどに

進化してきている。


テレビでは

AIを搭載した

介護ロボットや

倉庫の自動ピッキングマシン

映像を見ることも

増えてきた。


少子高齢化

働き手不足の

日本の

救世主

になると

期待されている

”スマートマシン”


ワークライフバランス

過疎化

問題も

解決されると

いう。


”スマートマシン”

(AIやロボット)

社会に

浸透していくと

人間は

あくせくと

働かなくても

よくなり

好きなことに

打ち込む時間が

増える

といって

バラ色の

人生を

語る人が

いる。


でも

はたして

本当だろうか?


企業経営者

投資家

会社や自分自身

利益が

最優先だ。


”スマートマシン”への

投資の原資は

結局は

”人件費”から

捻出される。


”働き口”

なくなる

というのが

実態では

ないだろうか。


少なくとも

今のような

新自由主義的

資本主義経済

延長には

スマートマシンによる

”夢の社会”の

実現は

ないような

気がする。


だとしたら

テクノロジー

開発

だけに

注力する

のではなく

テクノロジー

人間のために

最大限に

活用する

”社会”

について

もっと

いろんな立場の人が

興味を持ち

議論していく

必要が

あると

思う。

1回の閲覧