孫の二乗の法則



「孫の二乗の法則」

ソフトバンクグループの

創業者 孫正義さんが

紀元前500年ごろの

中国春秋時代に

書かれた兵法書

『孫子』

参考にして

考案した

人生・経営の

指針だ。


道天地将法(どう てん ち しょう ほう)

頂情略七鬪(ちょう じょう りゃく しち とう)

一流攻守群(いち りゅう こう しゅ ぐん)

智信仁勇厳(ち しん じん ゆう げん)

風林火山海(ふう りん か ざん かい)

25文字に

凝縮された

意味は


道:志を立てる

天:天の時(時代の流れ)を掴む

地:地の利(有利なポジション)を得る

将:優れた部下を集める

法:継続して勝つ仕組みやルールを作る

頂:頂上(ビジョン)を鮮明に思い描く

情:情報を可能な限り集める

略:集めた情報を取捨選択し、絞り込む

七:七割の勝算を見極める

闘:勝率七割とみたら果敢に闘う

一:一番に徹底的にこだわる

流:時代の流れを見極め仕掛ける

攻:あらゆる攻撃力を鍛える

守:あらゆるリスクに備える

群:単独ではなく集団で闘う

智:あらゆる知的能力を磨く

信:信頼に値する人物になる

仁:人の幸せのために働く

勇:闘う勇気と退く勇気を併せ持つ

厳:時として部下に対し鬼になる

風:動く時は風のように素早く

林:交渉は水面下で極秘に

火:攻撃は火のように激しく

山:ピンチでも決して動じない

海:勝った相手を包み込む


一代で

”利益”が

1兆円を

超える

企業グループを

育てた

経営者の

執念のような

情熱が

迸っている。

4回の閲覧