”皮膚”について少し勉強してみた。その2



「皮膚」


体内の

水分が

失われるのを防ぎ

逆に

体内に

多量の

水分が

入ってくるのも

防ぐ。


体温を

調節する。


外からの

刺激を

感知する。


微生物や

物理化学的な

刺激から

体を

守る。


など

生きていくために

必要で

重要な

機能を

持っている。


可視光や

紫外線を

吸収

散乱

して

皮膚組織を

守る

メラニン色素

その一つ。


メラニン色素

には

”黒色メラニン”

”黄色メラニン”

があり

その比率から

皮膚や

毛髪の

色の違い

決まる。


黒人は

”黒色メラミン”

が多く

その

産生能力

高い。


だから

紫外線

から

皮膚組織

守る働き

が高く

紫外線の

強い

熱帯地方でも

皮膚がん

なりにくい。


だとすれば

”黒人”

ではない

日本人が

肌を

”焼く”

ことは

「自殺行為」

だと

思える。


肌の

老化を

促進し

”しわ”

増やす

”日焼け”

避けるに

越したことは

なさそうだ。


0回の閲覧