自分で家を建てたお話 Part20



いよいよ

家の

内部工事。


さすがに

ここは

自分たちだけでは

無理。


いとこの

大工さんの

登場と

なった。


柱を

立て

部屋の

壁と

2階の

床面を

作っていく。


材料運び

とか

力仕事

以外の

作業は

いとこの

大工さんの

指示に

従う。


それから

コスト削減

という

意識も

あったが

通路側と

リビングは

合板を

そのまま

”むき出し”

にすること

にした。


合板は

1枚1枚

”柄”

”色”

違うので

何度も

並べ替えて

決めた。


”頭のない釘”

慎重に

取り付けて

いく。


結果的には

この選択は

大正解

だった。


”木”

露出している

面積が

広いので

部屋の

湿度調節を

してくれる。


快適空間が

できた。


壁紙を張る

仕様の

壁は

石膏ボードを

取付け

隙間を

パテ埋め

していく。


パテの

”バリ”

等を

サンドペーパーで

削り取っていく。


ここから先は

クロス屋さんに

お願いした。


亡き父の友人で

ほとんど

材料代だけで

やってくれた。


いろんな人に

助けられて

完成に

近づいていく。

0回の閲覧