おやじのからだそだて その1


20年ほど

前から

腰痛に

悩まされて

いる。


病院で

赤外線や

超音波を

使った機械で

治療したが

一向に

良くなる

気配が

ない。


そこで

評判の良い

整骨院に

行った。


姿勢が悪く

背骨が

曲がっている

という。


右肩が

極端に

下がって

いたのだ。


施術を受け

姿勢を直す

”体操”

するように

指示された。


ところが

”体幹”

弱っていた

せいだと

思うが

上体が

安定せず

ふらふら

するし

なにせ

”痛い”


指定された

”ポーズ”

静止

できない。


結局

一週間

もたずに

頓挫した。


そんなとき

陸上の

末次慎吾選手が

”なんば歩き”

応用した

トレーニングを

やっていると知り

何冊か

本を読んで

”2軸動作”

出会った。


人間の

本来の

自然な

動作は

”2軸歩行”

だという。


小学生の時

体育の授業で

教わったのは

”1軸歩行”


地面に

一本の

線が

引いてあり

その上を

右足も

左足も

着くように

走らされた。


でも

この走り方では

体に

”ねじれ”

生じ

無駄な

力が

かかるという。


”2軸動作”に

取り組んで

みることにした。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア