ダイバーシティー(人材の多様性)


「ビジネススクールでは学べない世界最先端の経済学」

によると

ダイバーシティー

には

2種類あり

一つは

「タスク型の人材多様性」

(実際の業務に必要な

「能力・経験」の

多様性)

もう一つは

「デモグラフィー型の人材多様性」

(年齢、性別、国籍等の

目に見える属性の

多様性)

だそうだ。


組織に

重要な

ダイバシティー

あくまで

「タスク型の人材多様性」

であり

見かけだけの

「デモグラフィー型の人材多様性」

組織に

マイナス

になる

こともある

らしい。


ところで

今の

ラグビーの

日本代表は

どうだろう?


この2つの

”多様性”

見事に

融合させ

進化

させている

言えないだろうか?


前回2015年の

ワールドカップ

イングランド大会では

優勝候補の

南アフリカに

ラストワンプレーで

逆転勝ちし

世界を

驚かせた。


対戦前は

サッカー日本代表が

ワールドカップで

優勝するより

勝つのは

難しい

言われていた。


それもそのはず

なんと

ワールドカップ

24年ぶりの

勝利

だったらしい。


そして

今回の

日本大会でも

強豪中の強豪

アイルランドに

後半

逆転して

逃げ切った。


これは

”ダイバシティー”

勝利

と言っても

過言ではないと

思う。


選手だけでなく

サポートスタッフも

含めると

ラグビーの

”チームジャパン”

国籍

年齢

性別

経験

専門分野

等々

さまざまだ。


”異物”

”排除”

したがる

私たち日本人は

そろそろ

同じ考え

同じ価値観

同じ経験

チームから

驚くような

成果を

上げることは

難しい

認めるべき

ではないだろうか。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア