ムーアの法則


インテル

(CM「intel入ってる」で有名)

の創業者

ゴードン・ムーア氏

1965年に

提唱した

経験則で

”半導体の

集積密度は

18~24ヶ月で

倍増する」

というもの。


チョット

飛躍するが

簡単に言うと

コンピュータの

性能は

2年で

2倍に

なる

ということ。


私も

20年ぐらい前に

この法則を

知ったが

信じなかった。


すぐ

行き詰る

思っていた。


当時

多くの

人は

信じなかったと

思う。


しかし

アメリカでは

多くの人が

本気で信じ

多額の

投資を

した。


そこで生まれたのが

グーグル

であり

アマゾン

だ。


今でも

コンピュータの

ハードウェアに

膨大な

投資を

続けている。


日本で

ムーアの法則を

信じたのは

おそらく

ソフトバンクの孫さん

楽天の三木谷さん

ごくわずかな

人達

だと思う。


コンピューターインフラや

インターネット関連に

多額の

投資を

続け

この20年で

急成長した。


もしこの2人が

”出る杭は打たれる”

日本社会に

つぶされていたら

今頃

日本の

未来は

もっともっと

暗かっただろう。


でも

危なかったのだ。


事実

ホリエモンは

財界に

潰された

のだから。


”出る杭は伸ばす”

そんな社会が

来ることを

願うばかりだ。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア