人に何かを教える時


銀座まるかんの

創業者

斎藤ひとり

さんの

ことば

興味

深い。



曰く:


「人に

何かを

教える時

相手に

やる気があるか

才能があるか

問題では

ない。

教える側に

相手が

できるようになるまで

教える

覚悟が

あるかどうかが

問題

なのだ。

一度や二度

教えた

ぐらいで

覚えられる

人は

天才だ。」



「人に

教える

ということは

同じ人に

同じことを

400回

いえるか

どうかに

かかって

いる。

400回でも

ダメなら

900回。

まだできないなら

1500回

いうのです。」



人に

教える

ということは

本当に

覚悟が

いることだと

改めて

思う

今日この頃

です。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア