人の育成と管理


少子高齢化の

日本では

”労働の効率化”

急務だ。


そのためには

人材育成が

必須。


AI

ロボット

人の仕事

”肩代わり”

してくれる

までには

もう少し

時間が

必要だ。


働き方改革

声高に

叫ばれてはいるが

”改革”

遅々として

進まない。


人の

育成面は

特に

ひどい。


例えば

中学生になると

男子は

”カリアゲ”

”耳にかからない”

髪の長さ

強制

され

女子は

”スカート”

穿くこと

その長さ

強制

される。


こんな

人間

としての

成長と

なんら

関係のないところに

制限を

設け

その中に

押し込む。

(学校だけでなく会社も同じような状況)


”管理しやすい”

ということ

なのだろう。


はたして

育成

管理

どちらが

大事なの

だろうか?


人手不足

叫ばれる

現在

育成

方が

はるかに

重要

だろう。


勘違い

している人が

あまりに

多くて

腹立たしく

なる。


”出る杭は打たれる”


もう日本には

そんな

”余裕”なんて

ないことを

認識してほしい。


”出たくない杭”を

引き上げないと

成り立たない

時代は

もう

とっくに

来ているのに

”管理”が

優先される

間抜けな

状況を

そろそろ

やめたほうが

いいと思う。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア