奇跡の経済教室【戦略編】



MMT

(Modern Monetary Theory)

(現代貨幣理論)

では

単なる

紙切れである

”お札”が

貨幣として

使われる

根拠を

次のように

説明している。


政府は

通貨を

発行し

その通貨による

納税義務を

課す。


そのため

通貨には

納税義務の

解消手段

としての

需要が

生じる。


こうして

人々は

通貨に

額面通りの

価値を

認めるようになり

その通貨を

民間取引の

支払いや

貯蓄などに

利用する

ようになる。


一方

政府が

国民から

税を

徴収するためには

国民が

事前に

”政府が発行した”

通貨を

持っていなければ

ならない。


ということは

政府が

先に

”通貨”を

国民に

渡しておく

必要がある。


つまり

政府の

支出が

先にあって

徴税は

その後

ということ

なる。


ということは

「政府は

支出のための

財源として

事前に

税を

徴収する

必要はない」

ということ。


”税金”を

集めなくても

お金は

出せる

ということ。


では

なぜ

政府は

国民に

”税金”を

課す

必要が

あるのか?


それは

物価

調整の

手段

だから

だという。


どういうことかというと

税金が

重ければ

貨幣には

納税のための

需要が

増えて

貨幣価値が

上がり

物価は

下がる。


軽くすれば

物価は

上がる。


また

”炭素税”

のようなものを

課すと

温室効果ガスを

削減する

方向へ

導ける。


ということは

消費税を

課す

ということは

”消費”が

削減

されて

不景気に

なるということ。


つまり

消費税増税は

デフレ下の

日本においては

さらに

不景気へ

導く

やっては

いけない

政策だと

いうこと。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア