”得意技”に磨きをかけよう!!


やらないで

苦手意識を

持つことは

不幸だが

苦手なのに

やり続けるのは

もっと

不幸だ。


ソフトブレーンの創業者

宋文洲氏の

言葉だ。


AIと

ロボットによる

”産業革命”を

目前にした

現在

真剣に

考えるべき

言葉だと

思う。


日本社会には

いわゆる

”食わず嫌い”

の人は

かなり多いと

思われる。


苦手だったり

嫌いだったりしても

やり続けている人も

結構

いると思う。



一方

日本人の好きな

ドラッカー博士も


努力しても

並にしかならないことに

時間をかけては

いけない。

無能を

並にするには

一流を

超一流にするより

はるかに多くの

エネルギーを

必要とするが

得られるものは

少ない。


と言っている。



誰もが

好きなことをして

”食べていける”

社会を

作るのが

理想だと

思う。



そんな

未来は

いつ来るか

わからない。


AIやロボットが

人の仕事を

”奪い取る”

社会は

目前に

迫っている。



冷静に

自己分析し

自分の

得意を

磨いておく

必要が

あると

思う。


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア