目からウロコが落ちる 奇跡の経済教室【基礎知識編】



作者は

政治思想を

専門とする

評論家の

中野剛志氏。


平成の

日本経済が

”失われた20年”

とも呼ばれ

成長しなくなった

最大の理由は

デフレ(物価が下がる)

だったからだと

断言する。


従って

経済成長

するためには

”マイルドなインフレ”に

誘導する

政策を

実行する

必要があると

主張する。


デフレとは

「需要不足/供給過剰」が

持続する

状態を

いう。


デフレを

脱却するには

需要不足の改善

つまり

個人は

お金を

使いたくなり

企業は

投資を

したくなる

環境に

しなければ

いけない。


具体的には

財政支出の拡大

減税

金融緩和

産業保護

労働者保護(規制強化/国有化/グローバル化の抑制)

等だ。


いわゆる

”大きな政府”を

目指すことで

当然

公務員も

増やすことが

望ましい

という。


現在

政府が進める

新自由主義

”小さな政府”の

真逆の

政策運営が

必須だと

説く。


それは

新自由主義は

本来

インフレ対策の

イデオロギーであり

現状の

デフレ下の

日本では

やってはいけない

政策だから

だという。


一方

日銀が

主導する

量的緩和

(マネタリー・ベースの増大)

では

資金需要は

増えないと

指摘する。


なぜなら

”借り手”が

いないから。


だとしたら

政府が

”公共事業を発注する”

等して

民間の

資金需要を

拡大するしかない

といい

大幅な

”財政支出の拡大”を

提唱する。


そうなると

”そのお金はどこから持ってくるの?”

という話が

当然出るわけで

それについては

次回ということで。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア