”絵になる”言葉


言葉には


「イメージ型の言葉」:


「光景」

「映像」

「におい」

「音」

までも

伝わる

感性・五感

訴える言葉



「コンセプト型の言葉」:


人の

論理的な

解釈に

訴える

言葉


があり


「イメージ型の言葉」

のほうが

相手に

ビジョンを

浸透

させやすい

らしい。


本来

”コミュニケーション”

とは

”イメージ”

キャッチボール。


だからこそ

”絵になる言葉”

使えるように

なりたい。


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア