自分で井戸を掘ったお話 Part5



”穴”

掘り終えたら

”崩落”

しないように

”壁”

になる

直径100mmの

塩ビパイプを

穴に

差し込んでいく。


塩ビパイプは

当然

水を

通さないので

”下”

になる

部分には

小さな穴を

無数に

あけておく。


ここから

水が

パイプ内部に

入って来る。


次に

手押しポンプを

取り付けるための

”足”を

レンガを

積み上げて

作り

ポンプを

取り付ける。


最後に

水を

吸い上げるための

直径20mmの

塩ビパイプを

取り付ける。


あとは

”砂や土”

混じらなくなるまで

何度も

水を

汲み上げれば

完成だ。


本当に

災害時に

役に立つかは

その時に

なってみなければ

分からないが

孫たちにとっては

夏休みの

貴重な

体験に

なったと

願う

ばかりだ。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア