自分で家を建てたお話 Part15


木造の

”家”

長持ち

させるには

防水を

含む

湿気対策

防虫処理

必要だ。


特に

”地面”

から

上がってくる

湿度には

気を

使った。


逆ベタ基礎は

基礎コンクリートと

床に

隙間が

ほとんどなく

通気が

悪いので

床の

湿気対策は

重要だ。


基礎の

コンクリートを

打つ前に

ビニールの

シートを

施し

防湿するのは

当然だが

それだけでは

足りないと

思った。


そこで

床前面に

防湿

防虫

を兼ねて

”墨”

塗装を

施した。


また

床には

”竹炭”

敷き詰めた。


結構な

出費だったが

もともと

家を建てようと

思った

理由が

洗面所の床が

湿気で

腐食して

壊れた事

だったので

ここには

お金を

かけるべきと

思った。


防虫対策

としては

組みあがった

パネルの

内側にも

”墨塗装”

施した。


チョット

異様な

真っ黒な

空間が

出来上がった。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア