自分で家を建てたお話 Part4




家を

立てる

工法は

たくさん

ある。



最終的に

”パネル工法”

選んだ。


パネル工法

とは

住宅

天井

などの

構造体

”パネル”

として

作り

ボルト

等で

接続し

建築する

プレハブ工法

の一種。


なんだ

でっかい

”積み木”

じゃないか!!


調べて

みると

1軒分

パネル

”キット”

売られて

いた。


ただし

デザインや

間取りの

自由度は

低い。


それでも

十分に

使える

間取り

だった。


一から

自分で

作ることを

考えると

工期も

短くて済み

結果的に

安上り

だと

思った。


建築中は

家を

借りなければ

ならないので

家賃の

負担が

ある。


また

”つなぎ融資”

のことを

考えると

工期は

短い方が

よかった。


”パネルキット”

購入を

決めた。


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア