自動運転で何が変わる? Part2



”自動運転”

”CASE”

という

概念の

一部として

とらえられている。


C:Connected

A:Autonomous

S:Share

E:Electric


Connectedとは

”繋がる”

こと。

インターネット

はもちろん

車同士

信号機

などとも

”繋がる”

ことで

より

安全

かつ

効率的な

運転を

可能にする。


Autonomousとは

自動運転

そのもの。


Shareとは

”共有”

個人で

所有

しないということ。


Electricとは

”電動化”

電気自動車

のこと。


自動運転の

普及は

この4つの

”シナジー効果”

ある時点から

加速度的に

進む

だろう。


さて

現在

車の

”稼働率”

5%程度

言われている。


車の

Shareが

進み

稼働率が

50%

上がると

車の

必要台数は

1/10

になる。


現在の

世界の

自動車の

生産台数は

1年で

1億台程度

なので

1,000万台

足りる。


トヨタ

1社分の

需要しか

なくなる

ということ。


さらに

エンジン不要の

電気自動車は

”モーター”

”電池”

があれば

誰にでも

作れる

らしい。


そうなると

ますます

自動車会社の

生存競争は

激しくなる。


日本の

自動車産業は

生き残れる

だろうか?


世界からは

AI開発は

周回遅れだし

”MaaS”

などの

サービス開発も

先頭の

背中が

見えないぐらい

離されている。


”非常に厳しい状況”

というのが

実態だろう。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア