自動運転で何が変わる? Part3


最近

”MaaS”

Mobility as a Service

という言葉を

目にするように

なった。


”MaaS”

とは

バスや鉄道などの

公共交通機関

タクシーや

自転車のシェア・サービス

など

あらゆる交通手段を

統合し

「移動したい人」

”最適な組合せ”

提供しよう

とする

サービスだ。


スマホで

”行きたい場所”を

入力すると

いくつかの

選択肢と

時間や

料金が

表示され

希望のものを

選択することで

手配や予約

支払いが

その場で

完了する。


”月額定額で乗り放題”

という

サービス

もある。


そんなサービスが

海外では

始まっているらしい。


AIの

開発が進み

町中に

センサーが

取り付けられ

ネットに

繋がる

運行状況

渋滞情報

全ての情報を

リアルタイムに

収集できるようになり

到着時間

の予測は

ほとんど

外れなくなって

いくだろう。


さらに

自動運転

電車/バス/タクシー

等に

導入されると

”移動コスト”は

劇的に下がり

”自家用車”

という言葉は

死語に

なるのだろう。


そのうち

無人の

”空飛ぶタクシー”

も開発され

”移動”は

さらに

たやすくなり

”買い物難民”

”過疎化”

心配することも

なくなる

かもしれない。


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア