親父の小言 ~その4~


「病気は仰山にしろ」


おそらく

病気を

たくさんする

ことが

いいこと

といっているのでは

ないだろう。


どんなに

超人的な

肉体の

持ち主でも

使いすぎれば

ガタが

来るし

寿命も

縮む。


自分の心体は

自分が一番

わかるはず。


体調の

チョットの変化も

見逃さず


少し

大げさに

考え


「整える」

時間を

作ること。


若いときは

自らを

過信して

無理しがち


だが


あとで

大きな

しっぺ返しが


必ず

来る。


頑張りすぎて

大きな

病気を

するより

不調を

感じたら

ペースを

落とす


人生は

意外と

長い。


焦る

必要は

ない。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア