親父の小言 ~その7~



「人には貸してやれ」

「人の苦労は助けてやれ」

「難渋な人には施せ」


同じような

ことばが

並ぶ。


この”親父”は

おそらく

なにがしかの

商売で

成功した

人だろう。


自分が

起こした

事業を

苦労の末

成功させ

子どもたちに

継いでほしい

と思っている。


そんな

気がする。


商いの

基本は

相手を

思う気持ち。


自分だけ

良くても

周りも

良くなければ

商いは

上手く

いかない。


それが”世間”


「初心は忘れるな」

「貧乏は苦にするな」

「自らに過信するな」


血のにじむような

苦労も

したのだろう。


山あり

谷ありの

人生を

思い返す

そんな言葉も

並んでいる。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア