隷属なき道 その4


この本では

世界の貧困を

一掃する

最良の方法は

「開かれた国境」

だとといい

労働の

国境を

開くことで

65兆ドルの

富が

生み出されると

指摘している。


”開かれた国境”は

世界を

2倍

豊かにすると

いうのだ。


にわかには

信じがたいが

今後

貧困国への

投資が

拡大すれば

経済は

発展し

世界は

その恩恵に

あずかれるのは

間違い

ないだろう。


一方

”移民”

として

多様な

人種が

流入することで

”人材の多様性”が

高まり

イノベーションが

起こりやすくなる

という

期待も

持てるだろう。


実際

”移民大国”

アメリカは

現在も

最も

裕福な国の

一つだし

世界の

イノベーションを

リード

し続けている。


もちろん

”関税や検閲”という

”障壁”はあるが

物やサービス

株式

情報

世界を

自由に

循環

している。


そのことが

世界の

経済発展に

寄与していることは

間違いない

事実だろう。


人だけが

自由な往来を

制限されて

いるのだから

世界経済が

2倍に

なるかどうかは

別として

”国境開放”を

ためしても

良い気はする。


とはいえ

人間

特に

日本人は

保守的なうえ

近視眼的だから

自分たちの

既得権が

侵害されると

ナショナリズムの渦が

巻き起こることは

容易に

想像できる。


だが

ラグビーの

日本代表が

証明したように

人材を

多様化させ

適切な

トレーニングを

積み重ねることで

短期間に

信じられない

”強さ”を

獲得できるのだ。


失われた

20年、30年

と言われる状態を

今後も

続けていくのか

大きな

発展の

可能性を

信じて

多少の

困難や混乱は

”ガマン”して

チャレンジ

するのか

答えは

明らかだと

思うのだが・・・・。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア