20年後も生き残るために Part2


AIは

基本的には

”ソフトウェア”

なので

”コピー”

して

短時間で

増やすことが

できる。


一方

ロボットは

大部分は

”ハードウェア”

なので

”材料”

”加工”

して

”組み立てる”

必要がある。


つまり

ロボットを

大量生産して

”普及”

させるには

それなりの

時間が

かかる。


ということは

オフィスワーカー

のような

”頭”を

使う仕事は

一気に

AIに

置き換わっていく

可能性が

高いが

”肉体”を

使う仕事は

置き換わるのに

それなりに

時間がかかる

ということ

だろう。


特に

外科医

美容師

はり・きゅう師

など

手先の

器用さを

必要とする

仕事は

AIが

いくら発達しても

”スマートマシン”に

置き換えることは

できないだろう。


”一品一葉”

であり

”標準化”

できない

作業の

連続であり

ミリ単位

以下の

精度も

要求

される。


そのうえ

相手の

要望を

正確に

聞き出し

理解する

コミュニケーション能力も

必要となる。


20年後も

生き残るために

何が必要か

この辺が

ヒントに

なりそうだ。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア