20年後も生き残るために Part3


人間の

”手”

万能だ。


”箸”も

使えるし

”卵”も

扱える。


20kgの

”セメント袋”を

運べるし

”物”を

投げることも

できる。


それも

ほんの

数回か

数十回

練習すれば

ある程度

できるようになる。


もし

”人型ロボット”が

誕生したとしても

こんな

”人間”

であれば

比較的

簡単に

実現できることでも

容易では

ないだろう。


数グラム

のものと

数十キロ

のものを

同じ”メカ”で

扱うのは

かなり

難しいだろう。


まして

大量生産

した場合

必ず

”ばらつき”

出るはず。


これを

1台1台

調整するのは

大変だろうし

もし

1台1台

”自己調整”

させようとすると

何百回も

繰り返し

”練習”させる

必要が

あるだろう。


何を言いたいかというと

”身体的能力”を

必要とする

仕事は

簡単には

なくならないだろう

ということ。


そう考えると

手先の器用さ

体力と根気

”鍛えて”

おいて

損は

なさそうだ。


そういえば

けがをするからと

最近は

”刃物”を

子供たちに

使わせないそうだが

”痛い目”に

あうからこそ

上達する

ということもある。


スマートマシンによる

”産業革命”

目前に

迫っている

本当に

ケガする

可能性が

あることは

やらせない

ということが

いいか

真剣に

考える

必要が

あると

思う。


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア