20年後も生き残るために Part4



”スマートマシン”

加速度的に

発展し

”産業革命”

起こしつつある

現在

小学校

英語

プログラミング

学ぶことが

重要とは

思えない。


誰でも持っている

”スマホ”

もうすぐ

”ほんやくコンニャク”

にも

なりそうだし

数年内に

”プログラム”

AI

書くように

なるだろう。


一方で

”教科書の読めない子供たち”

増えている

という。


そろそろ

頭の固い

おじさんたちが

推奨する

”学習指導要領”

から

自主退学

して

自分自身に

必要な

体験を

積み重ねていく

道に

進み始めるべきでは

ないだろうか?


”オール5”

なんて

目指す

必要はない。


基本的には

好きなこと

得意なこと

”頭”(理性)

だけでなく

”心”(感情)

”体”(身体)

も使って

学んでいくことが

重要だろう。


ロボット

一部の

仕事は

代替

できるかも

しれないが

鉄腕アトムやターミネーター

のように

人間に近い

”心体”

身に着け

人の仕事を

奪うとは

思えない。


少なくとも

大量に

”量産”

され

人の仕事を

”すべて奪う”

ということは

ないだろう。


ただし

今後

現在の

多くの

仕事が

”スマートマシン”に

置き換わっていくことは

間違いない。


まずは

これまで

”いい会社”

とか

”いい仕事”

とか

思っていたものが

崩壊しつつある

ということを

認めることから

始めよう。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア